小さくスタートを切ろう

マンションの模型

不動産投資が行いたくて、投資本を読んだりセミナーに参加する人は多いです。しかしセミナー参加者の中で、実際に物件を購入する人はあまり多くありません。理由はいろいろあるでしょうか、やはり不動産は高額であり、どうしても躊躇してしまうのかもしれません。アパートやマンションの1棟買いの場合には、金融機関からのローンと自己資金で数千万円や数億円の物件が多く、ローンを組むのが不安で、良い物件に出会っても躊躇してしまう人もいます。そのようなことをしていても、結局一棟も投資用物件を購入することなく、あきらめてしまう人もいます。ワンルームマンション投資の場合は、このようなローンを抱えるのが嫌な人や、不動産投資に不安を抱いている人が、小さく投資を始めるためのスタート地点のような役割を果たします。ワンルームマンションの区分所有の場合であれば、マンションを1棟まるごと購入するわけではありません。マンションの1Kや1ルームの一部屋を購入するのみです。そのために、不動産投資に躊躇していた人でも、比較的気軽に始められる人が多いです。不動産投資は立地が勝負といわれますが、特に東京都心の駅近くの物件は入居率が比較的高いのが特徴です。

ワンルームとはいえ、勉強してから始めよう

部屋

ワンルームマンション投資は、比較的不動産投資の中でも、少額で始められるものです。不動産投資は基本的には、銀行等からの借入金を利用して行う人がほとんどです。しかし、ワンルームマンションの場合には、全額自己資金で始めることが出来るのが魅力的です。理由はワンルームマンションの場合には、百万円単位の物件も数多く存在しているからです。ですから、会社員の場合であれば節約した生活をして、数年で数百万円を貯金して、その金でローンもなくワンルームマンション投資を始めることもできます。全額自己資金で行うと、リスクも大きく下がります。例えば、ワンルームの場合には、入居者がおらず空室が続くと、借入金の返済が持ち出しになってしまいます。しかし、借入金がない場合には、その支払いがないためにキャッシュフローに余裕が生まれます。他にも空室がもしも続いた場合には、自分で住むという選択肢もあるので、また人に貸したくなった場合には、修繕をして貸すことも可能です。このように貸すもよし、住むもよしのワンルームマンション投資は、不動産投資の初心者にとっては「入口」ともいえる投資方法かもしれません。

広告募集中