HOME>アーカイブ>初期費用を抑えて賃貸経営をするための投資物件

気軽に開始できる賃貸経営として人気

間取り

東京都心は賃料が高いのでワンルームマンションを住居に選ぶ人が少なくありません。特に一人暮らしの人はワンルームでも不便がないと認識することが多く、部屋の広さよりも通勤の利便性を重視する傾向があります。それゆえ都心ではワンルームマンション投資が活発であり、サラリーマンが参入するケースが多いです。サラリーマンが副収入を得るための手段として賃貸経営は人気があり、特にワンルームマンション投資は初期投資額を少なく抑えられるのが魅力です。広さは25平方メートル程度が一般的で、価格が安いことから買い手から見ても気軽に購入できる物件として人気です。不景気な時代においても、ワンルームマンションは高需要の売れ筋物件となっています。

収支のシミュレーションは必須

男女

ワンルームマンション投資を開始するためには、投資物件を探すことが必須です。物件は実際に見学して確認する必要があり、それにより周辺施設へのアクセス、交通の利便性などをチェックできます。気になる物件を見つけたら収支の計算をして、投資額に対してどの程度のリターンを期待できるかシミュレーションをしましょう。都心の物件は建物の状態がそれほどよくなくても売れやすい傾向があり、それが投資未経験の人が参入しやすいと言われる理由です。

広告募集中